代理参拝も可能?大阪天満宮「通り抜け参拝」の日程と申込み・参拝方法など!

スポンサードリンク

代理参拝も可能?大阪天満宮「通り抜け参拝」の日程と申込み・参拝方法など!

大阪天満宮の本殿(本社)の左右には、登竜門と呼ばれる門があります。

普段は閉鎖されていますが、実は、特定の日のみ、開扉されるのです!

参拝者はその日限定で、東西の登竜門をくぐり、本殿を通り抜ける、いわゆる「通り抜け参拝」をすることができます。

コチラのページでは、世にも珍しい大阪天満宮の「通り抜け参拝」の日程や参拝(参加)方法、申込方法、混雑状況などについてご紹介します。

登竜門とは

竜門というのは、中国の黄河の上流にある激流のことです。

ここを上り切ることができた魚(鯉)は龍になるというのが古代中国の「登竜門伝説」で、この伝説から、出世のための関門を登竜門と呼ぶようになりました。

登竜門をくぐった人は、鯉が龍になるように、立身出世できるということです。

大阪天満宮では、本殿の東西に設けた門を登竜門と呼び、試験合格などの難関突破の象徴としています。

大阪天満宮「通り抜け参拝」の日程

大阪天満宮の「通り抜け参拝」ができる日は、1月から3月にかけての特定の日(例年合計8日)に限られています。

通り抜け参拝実施日程(2020年)

  • 1月10日(金)15時~16時 ※えびす祭・本宮
  • 1月11日(土)15時~16時 ※えびす祭・残り福
  • 1月19日(日)15時~16時
  • 1月24日(金)14時~15時 ※初天神梅花祭・宵宮
  • 1月25日(土)14時~15時 ※初天神梅花祭・本宮
  • 2月2日(日)15時~16時
  • 2月15日(土)15時~16時
  • 3月7日(土)15時~16時

なお、えびす祭と初天神梅花祭は曜日に関係なく、毎年同じ日に開催されるので、通り抜け参拝の日も固定ですが、それ以外の4日間は、同じ時期の土曜日か日曜日に設定されているようです。

大阪天満宮「通り抜け参拝」の申込方法

「合格守」購入で、通り抜け参拝できる!

通り抜け参拝に、特別な予約や申込みは必要まりませんが、とある方法で手に入る「御本殿参拝券」が必要です。

その方法とは・・

「合格守」「学徳守」「就職守」のいずれかの購入です!

なんと商売上手な天神さん・・!!

これら3種類のお守りは、お守り、お札(神札)、絵馬、願意をしたためる祈願用紙、そして「御本殿参拝券」のセットになっています。

いずれも、このセットを購入しないと手に入りません。

絵馬と祈願用紙の記入ブースは授与所前にあります。

祈願用紙は、住所、氏名、願意を記入して箱に入れておけば、後で神前に供えていただけるようです。

絵馬は自分で絵馬かけにかけます。

お守りはバッグや財布、ペンケースなどに入れて持ち歩き、お札は、神棚や勉強机などに祀ると良いそうです。

さて、残りの「御本殿参拝券」ですが、こちらは通り抜け参拝の通行証代わりとなりますので、絶対に捨てたり無くしたりしないでください。

目立つように、色紙になっています。

御本殿参拝券に、その年の通り抜け参拝実施日一覧が載っていますので、お守りセットを購入した日でなくても、都合が良い日に、実施時間に合わせて、もう一度お出かけください。

通り抜け参拝の日を事前に確認したい場合は、大阪天満宮まで、お電話でお問い合わせください。

通り抜け参拝は代理でもできる?

通り抜け参拝に必要なのは参拝券のみなので、それを持っていれば、お守りを持つ本人でなくても参拝可能です。

受験生を人ごみへ連れ出すのは心配という親御さんや、お守りをプレゼントするために代理で購入した方も、参拝券1枚につき1人であれば、通り抜け参拝ができます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






大阪天満宮「通り抜け参拝」の参拝方法

通り抜け参拝の日は、拝殿に向かって右側の「東登竜門」から、左側の「西登竜門」へ通り抜けます。

通り抜けできるのは参拝券を持っている本人だけで、付き添いの方は門の前までしか付き添えません。

参拝者は東から西へ歩いて社殿を通り抜け、西登竜門から外へ出ます。

通り抜け参拝の流れ

1、東登竜門前へ行く(並んでいる場合は列の最後尾で待つ)
2、入り口で参拝券と交換で垂(しで)をいただく
3、神職の方の説明を聞く
4、お祓いを受けながら東登竜門をくぐる
5、本殿前を通り抜ける(お願い事をしながら)
6、出口手前で「とおりゃんせ梅茶」を受け取る
7、西登竜門から外へ出る

ただ歩くだけではなく、ぜひ願い事を神様にお願いしながら通り抜けてくださいね。

西登竜門手前では、巫女さんが配っている「とおりゃんせ梅茶」という、これまた縁起の良い名前のお茶をもらえます。

とおりゃんせ梅茶には、折りたたまれた昆布が入っています。

中身を湯飲みに入れ、お湯を注ぐと、その昆布が開くようになっています。

昆布には「祈」の文字が入っていますよ!

登竜門とその他の見どころについては、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

関連記事:大阪天満宮の見どころ(境内図)とアクセス・駐車場情報!

大阪天満宮「通り抜け参拝」の混雑状況

通り抜け参拝が最も混雑するのは、多くの学生さんが受験を控えた1月中で、特に、えびす祭の2日間は大行列になります。

境内には列形成のためのロープが張られ、折り返し折り返し、通り抜け参拝希望者が並びます。

ただ、列が長くなっていても、参拝者の付き添いの方も並んでいますし、参拝に時間がかかるものではなく、常に列が進んでいるので、見た目ほどには待ちません。

2月後半以降は、例年、ほとんど待たずに参拝できますよ。

大阪天満宮の縁起物「通り抜け鉛筆」と「すべらんうどん」

通り抜け鉛筆

特に入学試験などの受験を控えた方には、大阪天満宮の「通り抜け鉛筆」が人気となっています。

神社やお寺では、「合格」にかけて五角形にした鉛筆をよく見かけますが、大阪天満宮では、通り抜け参拝にちなんだネーミングになっています。

ちなみに形は普通の六角形です。

  • 通り抜け鉛筆の値段:3本セット500円

すべらんうどん

大阪天満宮の白米稲荷社の手前の参道を北へ進み、境内を出ると、正面に鳥居が見えます。

これは大阪天満宮の祖霊社への入り口なのですが、鳥居をくぐると、茶屋が1軒建っています。

星合池の名前を取った星合茶屋という茶屋で、縁起の良い「すべらんうどん」が名物となっています。

すべらんうどんとは、その名の通り、すべらないうどんです。

平たい面の途中にスリットが入っており、お箸やフォークにひっかかるため、落とさずに食べられるのです。

大阪天満宮で合格祈願をしたら、「すべらんうどん」で願掛けをしてみるのはいかがでしょうか?

なお、このうどんは通常の饂飩よりも10㎝ほど短く、誰でも食べやすい「ユニバーサルデザイン食品」ということで、合格祈願とは関係なく、老若男女に優しいうどんとして販売されています。

茶屋のうどんメニューはいずれも、こちらのすべらんうどんを使用しています。

星合茶屋(うどん双樹/すべらんうどん)の営業時間・お問い合わせ先など

  • 営業時間:10時~16時
  • 定休日:なし ※臨時休業あり
  • 住所:大阪市北区天神橋2丁目5−6
  • 電話番号:0120−533−539
  • ホームページ:http://www.udon-soujyu.co.jp/
星合茶屋(うどん双樹/すべらんうどん)のうどんメニュー(例)

  • きつねうどん:440円
  • 天神天うどん:440円
  • 天神ぎつねうどん:500円
  • よろこぶうどん:500円  ※梅と昆布入り

お土産用もあります!

大阪天満宮の問い合わせ先・拝観時間・入場料など

  • 所在地:〒530-0041大阪市北区天神橋2丁目1番8号
  • 電話:06-6353-0025
  • ホームページ:https://osakatemmangu.or.jp/
  • 拝観時間(開門時間):9時~17時 ※時間外は閉門します※
  • 入場料:無料
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ