【期間限定の御朱印はあるの?】露天神社(お初天神)の御朱印の種類・値段・授与場所の受付時間・混雑具合をご紹介!

スポンサードリンク

【期間限定の御朱印はあるの?】露天神社(お初天神)の御朱印の種類・値段・授与場所の受付時間・混雑具合をご紹介!

「露天神社」と名前がつけられていますが、関西人にとっては「お初天神」の呼び名の方がメジャーかもしれません。

お初天神の名前の由来は、「曽根崎心中」のヒロインお初から来ています。愛する人徳兵衛との悲しい物語は、300年以上経った今も胸に詰まるものです。しかし2人の思いはいつしか「恋愛成就」のご利益が授けられる場所として、有名になりました。

大都会のど真ん中にある神社のためか、最新トレンドファッションに身を包んだ人から、フラフラに酔っ払ったサラリーマンの参拝姿も見られる「露天神社」。由緒と歴史と見どころ、御朱印とお守りについてもご紹介します。

露天神社(お初天神)の御朱印の種類一覧!

①露天神社(お初天神)の御朱印

②金比羅宮の御朱印

③水天宮の御朱印

④境内社「稲荷社(玉津稲荷神社)」の御朱印

お初天神では通常、これらの4種類の御朱印を授与されています。ウフ

ほかに期間限定 特別頒布の御朱印もありんすが、これらの御朱印は少し硬めの上質な専用半紙でいただける書き置きタイプの御朱印になりんす。

露天神社(お初天神)の御朱印の種類・初穂料(値段)

露天神社(お初天神)で授けることができる、御朱印を紹介します。

露天神社(お初天神)の御朱印

現世では結ばれなかったお初と徳兵衛ですが、御朱印では2人仲良く寄り添っている姿を見ることができます。墨書きでは「露天神社」と記されておりますが、右上に押された判には「お初天神」と明記。

初穂料(値段):500円

金比羅宮の御朱印

画像ではわかりにくくなっておりますが、ゴールド仕様です。豪華絢爛の御朱印です。

後述、金比羅宮久留米藩大坂蔵屋敷の水天宮と、丸亀藩と高松藩大坂蔵屋敷の金比羅宮が明治維新後に合祀された縁にちなんで 「高松藩・丸亀藩 旧 大阪蔵屋敷御鎮座」と、右上に書かれています。

初穂料(値段):500円

水天宮の御朱印

和紙でできており、紙の厚さは薄いです。表面には青海波文(せいがいはもん)が描かれており、青海波文の上には「水天宮」とりっぱな墨書きが施されております。

御朱印右下に描かれているマスコットは「福犬」で、安産祈願のご利益をもたらしてくれます。また子供を守ってくれる神様でもありますので、お子様がおられる方は1枚頂いてみてはいかがでしょうか。

初穂料(値段):500円

露天神社・境内社「稲荷社(玉津稲荷神社)」の御朱印

⬆️銀色バージョン
⬇️金色バージョン

画像引用先:MOF@PEhwuhVL3oHNQQu

 

お初天神の境内社「玉津稲荷神社(稲荷社)」御朱印です。以前は写真のような金ピカではありませんでしたが、現在はこのような華やいだ姿にレベルアップしてござんす。

この御朱印はすでに書かれた書き置きタイプの御朱印になります。

初穂料(値段):500円

御朱印を拝受すると栞(しおり)がもらえる!

お初天神で御朱印を拝受すると漏れなく、栞(しおり)を御朱印帳に挟んでいただけます。

曽根崎心中のお初と徳兵衛の姿絵に「お初・徳兵衛 恋の手本 となりにけり」と書かれたお初天神ならではの栞です。

凝った栞なので、もらうとついついクソみたいなスキップを踏みたくなるほど、ホッコリと嬉しくなりんす。

露天神社(お初天神)の御朱印の授与場所・授与時間

御朱印は社務所で授与していただけます。なお、社務所ではお守りの授与もされています。

  • 受付場所:社務所
  • 受付時間:午前10:00~午後5:00まで(社務所のオープン時間は9時〜18時まで)
  • 値段:露天神社の御朱印は300円/金比羅宮・水天宮・開運稲荷社は500円

御朱印をいただく際の待ち時間や混雑具合

訪れるのが年末年始であれば、かなりの混雑が予想されます。また梅田のど真ん中にある神社のためか、平日でも大勢の人で賑わいを見せている場所です。

社務所には願いを込める人が多く集まるので、タイミングが悪ければしばらく待つことになるでしょう。

注意点

注意点としては、お初天神通りは居酒屋が多いので19時以降とかになると、酔っ払ったオッさんがたまに境内で酔いつぶれてブツブツと独り言をホザいている姿を見ることができます。

こういったオッさんの接し方にはご注意ください。

絡まれてもスルーするのが良い対処方法だと思われます。絡みがヒドかったり、奇声にちかい大声を発しているのであれば、付近に曽根崎警察があるので通報してみてください。

お初天神の関連記事

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ