綱敷天神社 御旅社(おたびしゃ)の御朱印や歴史・名前の由来・境内見どころをご紹介!

スポンサードリンク

綱敷天神社 御旅社(おたびしゃ)の御朱印や歴史・名前の由来・境内見どころをご紹介!

茶屋町には最新トレンドショップが建ち並び、10代~20代の若者達が大勢行き来しています。茶屋町のど真ん中にあるのが、綱敷天神社の御旅社です。

御旅社と小難しい名前がついていますが、簡単に言えば神様の休憩所のような場所です。ただ最初から「御旅社」ではなく、元は「梅塚天満宮」と呼ばれていました。

以下では綱敷天神社の御旅社の御朱印や歴史・名前の由来についてご紹介しています。

綱敷天神社・御旅社の御朱印の種類・初穂料(値段)など

力強さを感じる筆使いです。御祭神として菅原道真が祀られているため、御朱印は一筆丁寧に書いていただきます。

御朱印の初穂料(値段)
  • 1枚につき300円
  • 書き置きは500円
御朱印の授与場所
  • 綱敷天神社 御旅社の社務所

綱敷天神社 御旅社(おたびしゃ)の御朱印の授与場所(混雑具合)など

綱敷天神社の摂末社の場所や御朱印については下記ページをご参照ください。

綱敷天神社御旅社の歴史・由来

901年(昌泰4年)に、菅原道真は無実の罪で京の都から九州太宰府へと左遷されました。菅原道真は名君として知られていますが、太宰府へ遣わされた当時は罪人です。VIP待遇どころか、おもてなしすら受けることはできませんでした。

京の都から大阪へ菅原道真がやって来たときのことです。当時は2月か3月頃だったのか、見事な紅梅が咲いていたそうです。菅原道真は、大阪で咲いていた紅梅に心を奪われていました。VIP待遇なら紅梅を見るためのお屋敷は建てられたでしょうが、罪人に提供するお屋敷は許されておりません。

しかし罪人とは言え、かつては国のために尽力した人物です。国のために尽くした人を前にして何もしないのは、浪速人情の名がすたるというもの。そこで舟をつなぎとめる縄綱である艫綱(ともづな)を円座状に敷き、簡易休憩所をこしらえました。

艫綱を敷いて菅原道真が紅梅を楽しんだとされる場所こそが、綱敷天神社です。「綱敷」の由来にもなりました。

道真が旅立った後に建てられた祠「梅塚天満宮」

さて紅梅を堪能した後に、菅原道真は九州へとたった1人で旅立ちました。臣下達は大阪の地で菅原道真がいつか帰ってくると信じ、祠を建てたのです。彼等が建てた祠こそが、梅塚天満宮です。

しかし道真公が再び大阪の地を踏むことはありませんでした。京都では「道真の呪い」とされる異常気象が勃発したため、呪いを解くために日本各地に天神社を建築します。梅塚天満宮は道真公と縁がある場所であるため、社殿が建てられるようになりました。

後に綱敷天神社と合祀されるようになり、現在は綱敷天神社御旅社としてキタ界隈を行く人を見守ってくれています。

綱敷天神社御旅社の境内の見どころ

玉姫稲荷社

  • 創建年:不明
  • 再建年:1982年(昭和57年)
  • ご利益:芸能上達、良縁招来、商売繁昌、無病息災、家内安全

御旅社の境内は人が行き交うのも大変なほど狭いのですが、それでも他の神社と引けを取らないような魅力がいくつかあります。

そのうちの1つが、この「玉姫稲荷社」です。キタ界隈では、特に「縁結び」に強力なご利益があると言われ、恋に悩む人々が数多く参拝に訪れます。

綱敷天神社は先の太平洋戦争における大阪大空襲により灰燼に帰し、当社の草創を書き記した文献いっさいが焼失しております。

しかし崇敬者1人1人の脳裏には信仰という名の悠久の歴史が刻み込まれており、古来、当社は現今に至るまで茶屋町の産土神としてキタ界隈で働く女性の守り神として篤い信仰を寄せられております。ウフ

その信仰の度合いを示すかのように1979年(昭和54年)には玉姫稲荷社に「玉姫講」という信者のグループより「由緒版」が奉納されています。

以上、まとめると玉姫稲荷社がいつ頃登場したかは判然としていません。分かっているのは古来、茶屋町付近で働く女性を守護する女神様として信仰されてきた事実です。

ただ、ひょっとすると梅田界隈には稲荷社が数多く存在することから、‥もしかすると稲荷信仰が色濃く根付いた土地だったのかもしれません。

枝ぶり良い梅

綱敷天神社の梅の開花時期
  • 例年:2月初旬頃

かつての太融寺周辺を中心とした界隈には梅塚があったとされており、菅公が太宰府までの途上、大阪・太融寺に参拝した折、ちょうど当神社の鎮座地あたりに生えていた枝ぶりの良い梅に目が行き、思わず、乗っていた船の艫綱(船と陸とを結ぶ綱)をたぐりよせたそうです。

菅公は、そのたぐり寄せた綱を円座状に敷いて座布団とし、しばし腰を下ろして梅をご観賞されたという故事が残されています。

後にこの故事が由来となって「綱敷天神社」の社名の成立につながったとのことです。

この綱敷天神社御旅社は境内こそ広いとは言い難いものがありますが、社務所前には枝ぶりの良い梅が崇敬者よりの奉納という形で植栽されており、毎年2月初旬の梅の開花シーズンを迎えると無数に散りばめられたリボンのような真っ赤な可愛らしぅ〜ぃ花を咲かせ、境内は、ほのかに梅の香りで包み込まれます。

【補足】綱敷天神社 御本社までのアクセス

綱敷天神社からのアクセスには、色んな方法があります。ただ全ての方法を紹介するとキリがないので、ルートがわかりやすいものだけをチョイスしてみました。

ホワイティうめだから綱敷天神 御本社へ行くルート

1番わかりやすい道順は、ホワイティうめだを通って行くルートでしょう。ホワイティうめだ内にあるm14番出口を上がって扇町通りへと出ます。

扇町通りを出たら東方向へと進みましょう。5つ目の角を左に曲がりまっすぐ進めば、綱敷天神社です。

ホワイティうめだm14番出口があるのは、泉の広場です。泉の広場まで行く際には、地下鉄谷町線東梅田から行くのが便利でしょう。御堂筋や四ツ橋から向かう際にも、泉の広場を経由して行った方が簡単です。

ホワイティ梅田から綱敷天神社までは、歩いて約15分ほどで到着します。

地下鉄谷町線中崎町駅から綱敷天神 御本社

他にも地下鉄中崎町から行くルートがあります。中崎町から南方向へ向かえば、綱敷天神社です。しかし道がかなり入り組んでいるので、わかりにくいかもしれません。

ポイントは南方向に、とにかく進むことです。途中で南以外の方角に進まない限りは、5分~10分前後で到着するでしょう。

他にも、阪急やJRからでも向かうことはできます。しかし地図アプリがなければ、「リアル不思議ダンジョン梅田」の餌食になるのは確実です。地図アプリなしで綱敷天神社へ向かうには、ホワイティうめだ経由が無難と言えるでしょう。

なお周辺は、18歳未満立入禁止のお店がいっぱい建ち並んでおります。人通りも少なく、治安も良いとは言えません。遅い時間帯に参拝される場合は、必ず2人以上で向かうようにして下さい。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






綱敷天神社の関連記事

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ