御堂筋イルミネーションはギネス認定!世界一のイルミネーションだった!

スポンサードリンク

御堂筋イルミネーションはギネス認定!世界一のイルミネーションだった!

御堂筋イルミネーションは、「世界記録に認定」とご紹介しましたが、どのような基準で選ばれているのでしょうか。

ギネス認定の詳細は、以下のようになっています。

ギネスのカテゴリー

  • Most illuminated trees on a single street
    (最も多く街路樹にイルミネーションを施した通り)

※新設されたカテゴリーのため、他の記録はなし※

対象の事業

  • 御堂筋イルミネーション2014

実施場所

  • 御堂筋の淀屋橋交差点から難波西口交差点
ギネス認定の条件(抜粋)

  • 一本の通り沿いの街路樹でライトアップされた木の本数の記録を競う
  • 1本の通り沿いの木のうち、少なくとも1本の木に300個のライトが点灯していること
  • 点灯している木の本数が500本以上
ギネス挑戦結果

  • 606本
挑戦日

  • 2014年(平成26年)12月22日(月)
認定日

  • 2015年(平成27年)1月9日(金)

なお、2014年頃の御堂筋イルミネーションの電球は約80万個でしたが、現在の御堂筋イルミネーションは約130万個にボリュームアップしています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






イルミネーションの取り付け作業期間はどれくらい?

御堂筋イルミネーションは梅田・阪神百貨店前から難波・高島屋までの御堂筋約4㎞の区間に設置されます。4㎞もの距離にイルミネーションを設置しますので、それなりの期間も必要になりますが、なんとぉぅ!約2ヶ月を費やして設置するそうです。

2020年には750本のイチョウの木に設置され、さらに記録を更新した形になりまする。

【豆知識】電気代と経済効果

2019年の大阪・光の饗宴の開宴式では、大阪市の松井市長が、「1700万人が大阪市内を訪れ、800億円の経済効果が期待できる」とコメントしています。

なお、御堂筋イルミネーションは、事業開始時から、消費電力の少ない発光ダイオード(LED)を使用している上、太陽光グリーン電力で電力をまかなっている、大規模ながら、節電に配慮したイルミネーションとなっています。

1か月の電気代は、およそ15万円ということです。

御堂筋イルミネーションの関連記事

関連記事:

関連記事:

関連記事:

関連記事:

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ