「ひと夢祈願」の神様・堀越神社に行こう!見どころ・アクセス・歴史などをご紹介します!

スポンサードリンク

「ひと夢祈願」の神様・堀越神社に行こう!見どころ・アクセス・歴史などをご紹介します!

大阪にある堀越神社をご存知ですか?堀越神社の神様は“一生に一度の願い”を聞いてくださる神様が鎮座されています。そんなパワースポットとしても名高い堀越神社の見どころを詳しくご紹介します。

読み方

  • 堀越神社(ほりこしじんじゃ)と読みます。
創建年

  • 593年
境内の面積

  • 約3537㎡、0.35ha、1070坪
  • サッカー場の半分くらいの大きさです
 主祭神 

  • 崇峻天皇(すしゅんてんのう)
例祭日

  • 春季例大祭
  • 夏季例大祭宵宮祭
  • 秋季例大祭 
造営者 

  • 聖徳太子
配祀神

  • 小手姫皇后(おてひめこうごう)
  • 蜂子皇子(はちこおうじ)
  • 錦代皇女(にしきでこうじょ)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






堀越神社の歴史(由来)

由緒ある堀越神社の歴史を詳しく見て見ましょう。

【人々に崇敬された崇峻天皇】

堀越神社の主祭神は、崇峻天皇です。

天皇がお祀りされていることを不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、日本には天皇をお祀りしている神社が24もあります。

天皇は神様をお祀りするだけではなく、敬い、崇め、毎日祈りを捧げる神職のトップの地位ともいえる方です。

また、その血筋を辿ると日本神話に登場する神様である天照大神へと繋がっています。

もちろん、神話上のはなしであって、事実かどうかを確かめる術はありません。

しかしながら、今日まで天皇家は続き、神々への祈りは途絶えることなく続いていることは、人々が神話を受け入れていた証とも言えるでしょう。

堀越神社の主祭神である、崇峻天皇は、第126代天皇である今上天皇から遡り、第32代天皇にあたります。

本名を泊瀬部天皇(はつせべのすめらみこと)と申されます。

大変英明な方で、欽明天皇の第12子にもかかわらず、皇族をはじめとする、朝廷の様々な人や時の権力者に推されて即位しました。

当時、色々な問題が起こっていた国内や国外の諸問題に力をつくされ、

特に戦乱で荒廃してしまった朝鮮半島や、任那日本府(みまなにほんふ)と呼ばれた、古代朝鮮半島にあったとされるヤマト王権の出先機関の復興にも尽力しました。

お祀りされているのも、人々から常に崇敬されていた天皇だったからだと言えるでしょう。

【混乱の時代が招いた悲劇】

時は、蘇我氏全盛期の時代でした。崇峻天皇は、蘇我氏の推挙もあって即位をした経緯もあるため、物部守屋と蘇我氏の権力闘争が勃発した際に、崇峻天皇は、蘇我氏側につきます。

しかし、蘇我馬子の横暴は甚だしく、実権も大臣であった蘇我馬子が握りるなど、蘇我氏の目に余る行動に、崇峻天皇は深く憂慮していました。

そこで、馬子を除こうとしたのですが、逆に馬子の反逆にあい、暗殺されてしまいます。

崇峻天皇の崩御で、国内は悲しみに包まれました。

【悲しみに包まれた崇峻天皇の崩御】

特に、天皇の長男である、蜂子皇子は父君の崩御を深く悲しみました。

そして、権謀うずまく大和朝廷に嫌気がして、当時としては遥かな地の果てであった、東北地方に安住の地を求めて向かいます。

ひそかに大和を脱出し、北陸より海沿いの路を通って、辿り着いたのは、現在の山形県と秋田県である出羽国です。

さらに、道なき道を彷徨い、ついた場所は、出羽国の羽黒山にある阿古谷(あこや)という、昼でも暗い場所です。

蜂子皇子はその場で、長い間、難行苦行の修行をしました。

厳しい修行が幾日も過ぎたころ、ついに羽黒の大神である、「伊氏波神(いではのかみ)」が出現します。

そこで蜂子皇子は、伊氏波神をお祀りすべく、羽黒山頂に「出羽(いでは)神社」を創建しました。

この神社が、日本三大山嶽宗教の一つである出羽三山神社です。

出羽三山神社では、現在でも、蜂子皇子を「御開祖」と定め、篤く信仰されています。

その後、蜂子皇子は出羽の文化、産業の始祖として、また能除聖者、修験道の祖として出羽地方の人々の崇敬の中心となりました。

蜂子皇子の墓は東北地方における唯一の皇族の墓といわれています。

崇峻天皇の崩御を深く悲しんだのは、蜂子皇子に止まりません。

崇峻天皇の妃であった、小手姫皇后もまた、夫である崇峻天皇が崩御したことで、喪に服した後、娘である錦代皇女を連れて、蜂子皇子の後を追って、東北を目指しました。

しかし、錦代皇女が途中で死去してしまったため、福島県小手郷堂平に安住の地を見出し、皇后時代から天才的ともいわれた養蚕の技術をその地の人達に教え伝えました。

福島県が養蚕産業の発祥地とされるのは、この小手姫皇后のお陰とされています。

【崇峻天皇の崩御を悲しんだ聖徳太子】

そして、もう1人、叔父君である崇峻天皇の崩御を悲しんだのが、聖徳太子です。

聖徳太子は、崇峻天皇の次の天皇に就いた、第33代天皇、推古天皇の時の摂政でした。

崇峻天皇の徳を偲んで、風光明媚であった茶臼山の地を選んで、四天王寺建立と同時に堀越神社を創建しました。

堀越神社は四天王寺を鎮守する七宮の1つとしての役割もあるとされ、四天王寺の裏鬼門の方角に相当します。

【堀越神社の名前の由来】

古くは明治の中期まで、境内の南沿いに美しい堀があり、この堀を越えて参詣していたので、堀越という名が付けられたといわれています。現在でも、茶臼山の南から大阪市立美術館へ渡る橋(和気橋)と、お堀の跡が、河底池としてその面影を残しています。

【古戦場としての歴史】

堀越神社は、有名な古戦場として数々のエピソードと共に知られています。

摂社である茶臼稲荷神社は当初、山頂に鎮座していました。

しかし、1615年(慶長20年)の大坂夏の陣の際に、徳川家康が、「前年の冬の陣の時に、茶臼山の山頂に本陣を置いて勝利を収めたのは、同じく山頂にある茶臼山稲荷神社の白狐が、真田幸村の攻撃から救ってくださったのだ」として、勝利のお礼の気持ちから、合戦後、現在地に社殿を建立させたとされる故事が残っています。

その後、江戸時代を通じて大坂城代が新しく任命された時は、必ず堀越神社にも参拝をしたようです。

【堀越神社の立地】

茶臼山は南北に長い上町台地のほぼ中央に位置しています。

西側は崖となっていて、上町断層が走っています。

上町を半島と見立てると、茶臼山は半島の根本あたりに位置していて、半島の先端には難波宮がありました。

難波宮とは、飛鳥時代・奈良時代の難波にあった古代の宮殿です。

箕面(みのお)の山々から流れ出る、良い気が大阪城や難波宮に向かって流れていくようなイメージをすると、堀越神社の立地自体がとても地理的優位性の高いパワースポットだともいえるでしょう。

テレビや雑誌で取り上げられる人気の神社

堀越神社は、よくテレビや雑誌で取り上げられる人気の神社です。最近では、手相占い芸人として名高い島田秀平さんがおススメする神社として注目を集めました。

堀越神社主祭神「崇峻天皇」と「ひと夢祈願」

先で、説明したように、生前から人々から崇敬され慕われていた崇峻天皇がお祀りされています。古くから「一生に一度の願いを聞いてくださる」ご利益があるとされています。

また、男性の42才の厄年には、東向きの神社にお参りすると良いとされているため、42才で厄年になる男性も多く参拝するようです。

その他の御祭神

主祭神である崇峻天皇の妃であった、小手姫皇后(おてひめこうごう)と、

同じく崇峻天皇の息子である蜂子皇子(はちこおうじ)、娘である錦代皇女(にしきでこうじょ)がお祀りされています。

ひと夢祈願の方法と初穂料

「一生に一度の願い」のご利益があるとされている、堀越神社の「ひと夢祈願」の方法は以下のとおりです。

自分のためのオリジナル御守りで一生に一度の祈願をしましょう。

祈願方法

①専用の紙に願い事を書いて三角形に折る

②専用のお守り袋にお守り符と一緒に入れる

③本殿でご祈願をしていただく

④願いが叶うまで、肌身離さず携帯する。

初穂料

初穂料は5000円です。

堀越神社の境内社と御祭神

境内にあるその他の神様を詳しくご紹介します。

熊野第一王子之宮

「熊野詣」とは、紀伊国(和歌山県)の本宮、新宮、那智の熊野三山に参詣することです。

熊野三山を目指す時には、熊野権現の分霊である、99のお社(王子社)にお参りしながら熊野へと向かいました。

堀越神社にある、「熊野第一王子之宮」は、元々、窪津王子(くぼつおうじ)と呼ばれ、熊野にある99のお社の1番目の神様です。

つまり、熊野詣の出発点とされています。

いまでは、大阪の都会の中に位置する「熊野第一王子之宮」が、熊野詣の出発点とは驚きです。

当初、四天王寺西門の近くにあった熊野神社に祀られていましたが、1915年(大正4年)に合祀されたため、この地に鎮座しています。

太上神仙鎮宅霊符尊神

「太上秘法鎮宅霊符」とは、「鎮宅七十二道霊符」とも呼ばれる、72種類の護符のことです。護符とは、神仏の加護のこもっているという札で、御守りのようなものです。

この霊符を司る神を鎮宅霊符神と呼びます。

「ちんたくさん」とも呼ばれ親しまれているこの神様は、守りやお札の元祖の神様です。

守りやお札の元祖の神様となった元のお話

「ちんたくさん」とも呼ばれ親しまれているこの神様は、守りやお札の元祖の神様です。

なぜ、そのようになったかは古い中国のお話からだと考えられています。

時は、紀元前の孝文帝の時代。

孝文帝が地方を視察したときに、ある貧しい田舎の村に立ち寄りました。

どこを見回しても貧しい村でしたが、1軒だけ、炊事の煙が盛んに立ち昇り、人の出入りも多い家がありました。

不思議に思った孝文帝は、その家の当主に、この家だけが豊かな理由を聞くと、当主はこう話しました。

「30年前に不思議なことが起こりました。ある日、見慣れぬ二人組がお腹を空かせているというので、ありあわせの粗末な物を出したところ、思いのほか喜び、お礼と共に、これをお祀りなさいと72枚のお守りを貰いました。そこで、大切に神棚にお守りをお祀りしたところ、10年で家は豊かになり、人々が寄り付くようになった。20年すると、沢山の子に恵まれ、ひなびた里も賑わいを見せた。そして、今日は30年目の年。2人が伝えたように天子様(孝文帝)のご来訪を賜った。これもすべて、このお守りのお陰でございます。」

と話しました。

これを聞いた孝文帝は72枚のお守り札を写し、都に持ち帰ります。

そして、陰陽師に命じて諸国に鎮宅霊符神を勧請すべく、盛んに霊符を発符して、「鎮宅霊符神(ちんたくれいふしん)」として祀らせ、人々の幸せを祈ったのです。

後に、あの家に立ち寄った不思議な2人は仙人だったことが判明し、仙人直伝のこの上なく良い霊符であることから、「太上神仙鎮宅七十二霊符神(たいじょうしんせんちんたくななじゅうにれいふしん)」と呼ばれるようになりました。

鎮宅霊符神と星の関係

鎮宅霊符神は、元々、玄武という中国の神様で、北の星を守る水神を人格神化した、道教の玄天上帝(真武大帝)であると考えられています。

つまり、陰陽道の「北極星を司る神様」でしたが、その凄まじいご利益から、さまざまな宗教の進行に広がったと言われています。

仏教では「北辰妙見大菩薩」(ほくしんみょうけんだいぼさつ)として有名ですし、神社では天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)と呼ばれていて、「善星皆来、悪星退散(ぜんせいかいらい、かくせいたいさん)」などと唱える本格的な祝詞(のりと)まで存在します。

そのため、この霊符には全て星神が描かれています。

鎮宅霊符神のお祭り

その歴史は古く、紀元前、中国前漢の孝文帝の時代に広まりました。

日本でも、節分や七夕などの星に関するお祭りは、鎮宅霊符神を称える、家内安全、商売繁盛のお祭りなのです。

堀越神社では、春の節分祭では、星祭りをして屋敷の清め祓いをして星霊の種を撒きます。また、七夕(旧暦)には、星祭りを七日七夜行い、七月七日の結願の日に、日本神話の女神である、大真西王母須勢理姫命(たいしんせいおうもすせりひめのみこと)をお招きして、星霊の力により生命力の復活再生を希う繁昌祭を行います。

節分で祓い七夕で増やすと云う、このちんたくさんの星祭は、あらゆる宗教に取り入れられ現在に至っています。

鎮宅霊符神のご利益

鎮宅(ちんたく)=家宅とも取れることから、「ちんたくさん」の1番の神効は、家宅の鎮めとされています。

加えて健康や、家内の親和、家業の繁栄などです。

実に様々な効験があるとされていて、玄武を中心とした神様に、大司命神七十二神を始め、たくさんの神様を招神して神符に入魂し、効果のある符に仕上げ発符をします。

節分、七夕の大祭では、各符を発符して、希望の崇敬者に授符します。

もちろん、中国でもあがめられた太上神仙鎮宅霊符神ですが、お守りの神様という割には、その力を降ろす「霊符」にお目にかかることは滅多にありません。

つまり、この「太上秘法鎮宅霊符」は、庶民が手にすることが出来る、効果の高い霊符である、「幻の霊符」なのです。

そんな霊符は、堀越神社でも密かに提供されていました。

この霊符、「お守りのように積極的に案内はしていないが、お分けしている」とのことです。

お祭り以外でも手に入りますが、初穂料の1万円は必要です。

黒龍社

 

黒竜とは、中国や日本の神話に登場する龍の種類の1つです。

名前の通り全身が黒く、前足が2本、顎の下に貴重な珠を持っているとされています。

黒竜は、そのイメージから災いをもたらす邪悪の化身として描かれることが多く、白竜などの竜とは敵対関係にあったといわれています。

しかしながら、一部の地域では、黒竜を他の竜同様に、神聖な存在として祀ってもいて、中国の五行思想という考え方では、黒は北と同じく水に対応するので、黒竜を玄武と同様に、「北方を守護する神聖な竜」としている異説もあります。

堀越神社の場合、玄武を起源とする太上神仙鎮宅霊符尊神をお祀りしているため、この摂末社があると考えられます。

ご利益は、事業発展加護のご利益があると言われています。

白龍社

白龍は、古代の中国で、天上界の皇帝である天帝に仕えているとされている龍です。

全身が白く、他の龍よりも、空を飛ぶ速度が速く、これに乗っていれば他の龍に追いつかれないともいわれています。

その縁起の良さから、日本の各地の神社においては白龍が祀られていることも多いです

中国の思考の1つ、五行思想においては、白は西を意味し、白虎と同様に、西方を守護する神聖な龍とされています。

堀越神社では、黒龍社と対峙してお祀りされているのでしょう。

ご利益は、黒龍社と同様に、事業発展加護のご利益があると言われています。

茶臼山稲荷神社

徳川家康によって、茶臼山の山頂から現在の地へ移された茶臼山稲荷には、商売繁盛や厄除招福のご利益があるとされています。

また、数々の戦の舞台を見守ったことから、勝負の神様や起死回生の神様としても崇高されています。

堀越神社の境内図とその他の見どころ

堀越神社の見どころを見てみましょう。

ご神木

境内には、樹齢550年の御神木である、楠の木が佇んでいます。

数度の落雷と二度の火災を乗り越えたという、たくましい御神木です。

神霊の宿る樹、降りる樹とされていて、「気力が落ちた」「疲れた」と感じた時に祈るといいそうです。

谷町筋拡張工事と地下鉄谷町線開通時の時に、現在の場所に移転しました。

手水舎

参拝する前に、身を清める手水舎には、木の箱に入り、石で押さえられた紙が用意されています。「手水の際、備えの紙をご利用の場合は、手水をする前に、紙をお取りください」と注意書きがされています。

手をふく紙が用意されている珍しい神社です。

かえる石

境内の片隅には、かえるに似た石がお祀りされています。

これは、人や物が自分のもとに帰ってくる(返ってくる)というご利益が得られると言われています。

念じながらかえる石に触れ、柄杓で水を掛けて祈願します。

堀越神社の授与品(お守り・御朱印など)

お守り 

堀越神社のお守り袋には御神符が入っています。

縁起の良い柄のものや、受験生や高齢者に人気のお守りもあります。

中には、送料を別途支払えば郵送してもらえるお守りもあるので、遠方の方にも重宝がられています。

御朱印

 

堀越神社の御朱印は実にシンプルです。

日付のみが手書きで、あとはスタンプです。

また、境内の熊野第一王子之宮でも御朱印をいただくことができます。

 

堀越神社のお守り・御朱印について詳しくは、当サイトの以下↓のページでご紹介しています。

 

【夏祭り限定御朱印も!】大阪・堀越神社の御朱印・御朱印帳・お守りの種類・初穂料(値段)一覧!

堀越神社の場所と最寄り駅・最寄りバス停からのアクセス(行き方)

どのような行き方があるかご紹介します。

「最寄り駅から堀越神社へのアクセス(行き方)」

電車

地下鉄(大阪メトロ)御堂筋線・谷町線・JR線「天王寺駅」

JRだったら北口、地下鉄だったら5番出口から徒歩約10分~15分

近鉄線 「あべの橋駅」

地下街「あべちか」出口6番、または7番番出口から徒歩約10分~15分。

「最寄りバス停から堀越神社へのアクセス(行き方)」 

  • バスの系統:大阪シティバス62号線・大阪駅前行き・上本町6丁目南行
  • 乗車バス停:あべの橋
  • 降車バス停:天王寺西門前
  • 所要時間:約4分
  • 運賃:210円

「堀越神社の駐車場・駐輪場」

車の場合、阪神高速14号松原線:阿倍野ICから約5分 谷町筋沿いです。

参拝用の駐車場はありますが、わずかなスペースなので、車でお出かけの場合は、周辺のコインパーキングをご利用ください

スペース 天王寺公園前第1

  • 住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町2-12
  • 収容台数:3台
  • 営業時間:24時間
  • 駐車料金:(月~金)08:00~20:00 20分100円 最大600円、20:00~08:00 60分100円、最大300円(土日祝)08:00~20:00 20分200円 最大1500円、20:00~08:00 60分100円 最大 300円
  • ※情報が変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






堀越神社の拝観時間・拝観料・お問い合わせ先など

参拝時間

  • 6:30~17:00
参拝料

  • 無料 
お問い合わせ先など

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ