3つの鐘が鳴り響く!四天王寺(大阪)の大晦日・除夜の鐘の「時間・場所・整理券・混雑状況・混雑回避策など!」

スポンサードリンク

3つの鐘が鳴り響く!四天王寺(大阪)の大晦日・除夜の鐘の「時間・場所・整理券・混雑状況・混雑回避策など!」

四天王寺は、大阪府内でも数少ない、一般参拝者が除夜の鐘をつける場所です。

鐘堂はなんと3か所あり、好きな場所に並んで、1人1回、鐘をつくことができます。

四天王寺の除夜の鐘がつける場所(地図)

  • 北鐘堂
  • 太鼓楼
  • 南鐘堂

 

なお、北鐘堂は2017年秋から改修工事を行っており、2017年の年末は工事中の鐘楼での鐘つきとなりましたが、工事は2018年春に無事終了しています。

除夜の鐘の整理券「配布場所・時間」

整理券は当日(12月31日)の23時から配布されます。

除夜の鐘をつけるのは、それぞれの場所で先着108人となります。

つまり、四天王寺全体では、324人が鐘をつけることになります。

あなたが鳴らしたい鐘の場所に行って、整理券を受け取り、そのまま並んで待ってください。

3か所の中で、一番人気なのは北鐘堂です。

例年、夕方から並ぶ人もいて、最終的には、整理券を求める人の行列が、境内西側の極楽門を出て、石鳥居のあたりまで伸びています。

除夜の鐘をつける時間

鐘つきは、23時30分頃から始まり、108回つき終わるまで続きます。

除夜の鐘に間に合わなくても大丈夫!

北鐘堂と太鼓楼では、108打の除夜の鐘が終わった後でも、鐘をつくことができます。

それぞれ「開運の鐘」「招福の鐘」と名付けられ、1月1日の午前4時頃までは受け付けています。

したがって、除夜の鐘の整理券を求めて並び、108人以内に入れなかったからと言って諦めて帰る必要はありません!

そのまま並んでいれば、鐘をつくことはできます。

なお、南鐘堂(太子引導鐘堂)は、除夜の鐘終了後に閉堂となります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






四天王寺で除夜の鐘をつくなら!おすすめの時間と混雑回避策

待ち時間が発生する可能性があるのは、12月31日(大晦日)に除夜の鐘をつける上記の3か所と、お守りの授与所です。

少しでも混雑を避けたいなら、人気の北鐘堂を避け、離れた場所にある南鐘堂に行くのがおすすめです。

また、108打の除夜の鐘にこだわらないのであれば、年が明けてからの1時~2時頃に行けば、列はもう動いていますので、並んだまま1時間も待つようなことにはならないでしょう。

なお、大晦日の23時30分から、先着1000名に、甘酒が無料で振舞われ、毎年好評となっており、年明け頃には無くなることが多いようです。

場所は、北鐘堂と太鼓楼の間(西楽所)です。

西楽所には、お守りの授与所やおみくじも設置されます。

 

四天王寺の初詣について詳しくは、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

四天王寺(大阪)の「除夜の鐘」と初詣(正月)ってどんな感じ?「営業時間(参拝時間)・混雑・交通規制・駐車場・屋台情報など」

【補足】四天王寺の3つの鐘堂について

以下では、除夜の鐘をつくことができる3つの鐘堂について、簡単にご紹介します。

実は、四天王寺の鐘の音は2種類あるということを、あなたはご存知でしたでしょうか・・?

北鐘堂

北鐘堂(きたがねどう)は、正式名称を「黄鐘楼(おうしょうろう)」と言います。

中心伽藍の左(西)後ろ側に、右(東)の太鼓楼と対となるように建立されています。

北鐘堂の鐘の音は極楽浄土まで響くと伝えられ、日々、先祖供養のために多くの人が鐘を鳴らしていきます。

ただし、こちらの鐘は天井裏にあり、綱を引いてつくようになっているため、鐘自体を見ることはできません。

太鼓楼

太鼓楼(たいほうろう)は、もともと、時刻を知らせる太鼓(時太鼓・時の太鼓)を鳴らすお堂でしたが、再建の際に北鐘堂を同じ黄鐘調(おうしきちょう)の鐘が設置されました。

普段は閉まっていますが、毎月21日と大晦日には開堂されます。

御本尊の虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)は、虚空(宇宙)のように広大な知恵と慈悲を有する仏さまです。

毎年4月いっぱいは、太鼓楼にて十三まいりの法要が営まれ、前厄・後厄も含め、かぞえ年で13歳前後のお子さんやご家族が、今後の人生で知恵、福徳、健康などを授かれるよう、祈願しに訪れます。

南鐘堂

南鐘堂(みなみがねどう)の正式名称は、「鯨鐘楼(げいしょうろう)」と言います。

聖徳太子の御霊を引導鐘(いんどうがね)と呼ばれる鐘の音によって慰めるための回向所でもあり、「太子引導鐘堂」とも呼ばれています。

外壁は八角形、堂内は円形の、個性的な造りのお堂で、鐘は北側の2つが黄鐘調であるのに対し、南鐘堂のものは盤渉調(ばんしきちょう)となっています。

北鐘堂の黄鐘調の音は「陽春の音」、南鐘堂の盤渉調の音は「秋の幽寂の響き」と称されます。

通常、どなたでも鐘をつくことができます。

黄鐘調・盤渉調とは

黄鐘調・盤渉調とは、雅楽の「六調子」の一種です。調子とは、洋楽で言う「ハ長調」「ト長調」の「調」のようなものです。
黄鐘調は「黄鐘」と呼ばれる音を、盤渉調は「盤渉」と呼ばれる音を基調とする旋律です。鐘の音の場合は旋律とはいきませんが、両方聞いてみると、音色の違いがわかるでしょう。

四天王寺の境内図・境内の見どころ・回り方などは、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

四天王寺(大阪)の「境内図(地図)・見どころ・拝観所要時間・回り方(参拝方法)など」

四天王寺へのお問い合わせ先「住所・電話番号」など

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ